FREE MANIA

個人的にこれはいい!と思ったフリーソフト(orシェアウェア)をメモ書きしています。たまに猫ペイント語りも。...φ(._.*)y-。o0
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
  • word・excel・pdf・etc・・・文書ファイルをテキストファイルに高速変換「xdoc2txt」
    freemania (11/02)
  • word・excel・pdf・etc・・・文書ファイルをテキストファイルに高速変換「xdoc2txt」
    詫間 賢二 (10/30)
  • Greenfish Icon Editor Pro ダウンロード〜日本語化までの流れ
    freemania (04/27)
  • Greenfish Icon Editor Pro ダウンロード〜日本語化までの流れ
    エンペたん (04/21)
  • ドット絵・アイコン・カーソルもOK「Greenfish Icon Editor Pro」
    freemania (10/10)
  • ドット絵・アイコン・カーソルもOK「Greenfish Icon Editor Pro」
    あいあむ (10/09)
  • ドット絵・アイコン・カーソルもOK「Greenfish Icon Editor Pro」
    freemania (11/25)
  • ドット絵・アイコン・カーソルもOK「Greenfish Icon Editor Pro」
    有希 (11/24)
  • ドット絵・アイコン・カーソルもOK「Greenfish Icon Editor Pro」
    雫 (10/29)
  • ドット絵・アイコン・カーソルもOK「Greenfish Icon Editor Pro」
    freemania (10/28)
Twitter
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
”生きた”ブラシが特徴のペイントソフト「LiveBrush」
LiveBrush

LiveBrushは特殊効果のあるブラシが豊富なペイントソフトです。

ユーザーが線を引き終わっても、ソフト側の方で少し描画を引きずるところから
「LiveBrush(生きたブラシ)」と名付けられたそうな(公式ヘルプのうろ覚え)。
これ単品で絵を完成させるのは難しいかもしれませんが、加工用テクスチャ作成に役立ちそうですね。



ちなみにこのソフトは日本語化はされていないようですので、公式のヘルプを翻訳サイトにかけたり
実際に使用しながら使い方を取得する必要があります。
参考URL貼っておくので、がんばって読みましょう。


○長所
Ink系のスタイルブラシなど、フリーソフトとしては珍しくアナログ色の強い描画が可能です。
描画した線はベクター扱いなので、後から簡単に編集できる点もすばらしい。
ただし、フリー版は保存時に強制的にpng形式になりますので、注意が必要です。


×短所
予想はしていたけど、やはり起動は重いです。
また、表示言語は英語のみ+livebrush独自の概念があるため、使いこなすにはやや手間がかかりそうな感じ。



サイト名:Livebrush & the Livebrush Project
公式サイトURL:http://www.livebrush.com/index.html
著作権者:David Fasullo氏
スポンサーサイト
- | 10:58 | - | -
コメント
コメントする