FREE MANIA

個人的にこれはいい!と思ったフリーソフト(orシェアウェア)をメモ書きしています。たまに猫ペイント語りも。...φ(._.*)y-。o0
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
  • word・excel・pdf・etc・・・文書ファイルをテキストファイルに高速変換「xdoc2txt」
    freemania (11/02)
  • word・excel・pdf・etc・・・文書ファイルをテキストファイルに高速変換「xdoc2txt」
    詫間 賢二 (10/30)
  • Greenfish Icon Editor Pro ダウンロード〜日本語化までの流れ
    freemania (04/27)
  • Greenfish Icon Editor Pro ダウンロード〜日本語化までの流れ
    エンペたん (04/21)
  • ドット絵・アイコン・カーソルもOK「Greenfish Icon Editor Pro」
    freemania (10/10)
  • ドット絵・アイコン・カーソルもOK「Greenfish Icon Editor Pro」
    あいあむ (10/09)
  • ドット絵・アイコン・カーソルもOK「Greenfish Icon Editor Pro」
    freemania (11/25)
  • ドット絵・アイコン・カーソルもOK「Greenfish Icon Editor Pro」
    有希 (11/24)
  • ドット絵・アイコン・カーソルもOK「Greenfish Icon Editor Pro」
    雫 (10/29)
  • ドット絵・アイコン・カーソルもOK「Greenfish Icon Editor Pro」
    freemania (10/28)
Twitter
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
【Greenfish Icon Editor Pro】「チュートリアル-ボタンの作り方」翻訳
高機能で使いやすいソフトなのに、使い方を解説したサイトが見つからないGreenfish Icon Editor Pro。
しかし、公式のヘルプファイルに丁寧なチュートリアルがのってたので翻訳してみました。

例によって素人翻訳なので、こりゃおかしいと思った方はコメント欄でご指摘下さい。
(メルフォでも構いませんが、あっちは頻繁にチェックしないのですぐには気付かないかと…)

ちなみにこのチュートリアルは
Greenfish Icon Editor Proの【メニューバー】→【ヘルプ】→【トピック】→【Making a button】
で見ることができます。


■原文


This tutorial demonstrates that Greenfish Icon Editor Pro is not just an icon editor, but it can also be used to create other small images with alpha channel as well. You will learn here how to create a button with the program using gradients and filters.

  1. Create a new document (128x128 in the example). Then select a rectangular area with the Rectangular select (S) tool. Then choose a foreground and background color for your button and fill the rectangle with a linear gradient using the Gradient (G) tool.
  2. Invert the selection by using Edit | Invert selection or pressing Ctrl+I. Then choose Filters | Custom blur... and select Gaussian blur with radius 10 to form a glow around the button.
  3. Press Ctrl+D to remove the selection. Then use Filters | Drop shadow... and select a distance of 15 and an intensity of 20. Press OK and you will see a soft shadow under the button.
  4. Select a foreground color with low alpha for the button text. Use the Text (T) tool and choose an appropriate font to draw the button text. Move the text to its right place with the Transform (F) tool. Then use Filters | Blur More to soften the text outlines.
  5. Add a highlight to the button by selecting a rectangular area and drawing a white-white gradient with a varying but low alpha.
  6. The button is ready. This sample image can be found in the Samples folder.


■日本語訳



このチュートリアルでは、Greenfish Icon Editor Proがアイコン作成だけではなく
アルファチャンネルを用いて小さな画像も作れるということをデモンストレーションします。
ここでは、Greenfish Icon Editor Proのグラデーションとフィルターを使ってボタンの作り方を解説します。

  1. 新規ドキュメントを作成してください。(例ではサイズを128x128としています)
     次に、ツールバーの矩形選択(S)で適当な長方形を作成して下さい。
     ボタンの前景色と背景色を選択し、グラデーション(G)を使ってさきほど作成した長方形に線形グラデーションで色を塗ります。
  2. 選択エリアを反転させます。|【編集】→【選択を反転】を選択するかショートカットキー Ctrl+I を押して下さい。
     次に、フィルターを選択します。|カスタムぼかしフィルターを選択して下さい。ガウシアンぼかしを選択、半径:10に設定してボタンのまわりにぼかしをかけます。
  3. 選択を解除して下さい。(ショートカットキー Ctrl+D)
     次にフィルターをかけます。|影をつける(距離:15、強度:20)を選択し、OKボタンを押してください。これでボタンの下にソフトシャドーができあがりました。
  4. 前景色にボタンの文字色(不透明度は低め)を指定して下さい。
     テキスト(T)ボタンをクリックし、適当なフォントを選んで文字をタイプして下さい。
     変形(F)ツールで文字を適切な場所に移動させて下さい。
     そしたらフィルターをかけます。テキストのアウトラインをぼかすため、ぼかし_強をかけて下さい。
  5. ボタンにハイライトを加えます。矩形選択(S)でボタン上部に長方形を描いた後、前景色:背景色が白:白のグラデーション(どちらも不透明度を適度に下げておく)をかけて下さい。
  6. これでボタンは完成です。ちなみに、このサンプル画像はSamplesフォルダの中にありますよ。
スポンサーサイト
- | 19:21 | - | -
コメント
コメントする